あんまり理解されない不思議な事がある【文具店】

こんばんは。

お昼に食べた肉じゃがが意外にお腹に重かった井浦です。

まだお腹空かないから「晩御飯はまだ先だなぁ」と思ってたんですけど、

もう19時半かよ!

一日終わっちゃうよ!

一日って短いなぁ。

■行ってしまうとなかなか帰れない

今日は探しに探していた手帳を求めて、

新宿の小田急百貨店と東急ハンズに行ってきました。

最初に小田急の伊東屋に行ってきたんですが、

ありました!

もとめていた手帳がちゃんとコーナーとしてありました!

ラコニックの手帳が角コーナーで用意されていたよー!

やったー!

さすが伊東屋やで。

ムチャクチャ広いとは言えないお店の規模だけど、

ちゃんとコーナーがあるなんて流石やで。

ってか、そんだけ人気のあるシリーズなんだなぁ。

知らんかった。

よしよし、これで手帳問題は解決や!

さ、買って帰ろう・・・。

とはいかないもんですよね。

僕は、

ホームセンターと楽器屋と文具屋さんに行くとなかなか帰れません。

「ちょっと見ていこう」と思うと、

色んなグッズが増えてたりして

「なんだこれ」とか「あ、これ便利!」ってやつにだいたい遭遇できるから。

で、さらに長居しちゃう理由が匂い。

どのお店もそうですけど、文具屋さんって独特の匂いがありません?

これ、何故かあんまり共感してもらえないんですよね・・・。

なんでだろ。

きっと文具についてる匂いがそれぞれ漂って、

みんな合わさってあの匂いがしてるんだと思うんですけど、

どの文具屋さんに行っても同じ匂いがするんですよね。

なにか決まった香料でも使ってんだろうか?

ホームセンターは木の匂いだったり金属的な匂いだったり、

楽器屋はプラスチック的な匂いだったり、

文具屋さんは遠い記憶の中にある学校生活の匂いだったり。

■文具屋さんはワクワクする

4月ということもあって、

店内は新学期なレイアウトで溢れていました。

新しい環境に変わるのってワクワクする性分で、

期待だったり不安だったりの入り混じった感じが好きなんですよねぇ。

文具を見ると、

「コレであんなこと」や「こんなこと」を想像できちゃうから、

より具体的に「これから」を想像できるってのもあるように思います。

■新しい手帳を手に入れて

仕事も変わるので、ワクワクしちゃいます。

この手帳をちゃんと使いこなそう~。
どんなスケジュールとメモで埋まるんだろう。

ひとまず、残りのお仕事もしっかり勤めていきますね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA