息子のために出来ることをやり尽くす【フロリダ族】

こんにちは。

三浦で合宿してます井浦です。
こちらは風が吹き荒れて寒いです。

■フロリダ族の仲間を紹介します
フロリダ族の仲間で、高橋雅美さんという方がいます。

手前にいるのが、高橋雅美さん。
奥にいるのは変なオジサンです。

一緒に活動を始めて間もなく、合宿を機に彼女のことを色々と伺うことができました。

代々女性の強い家庭で生まれ育ち、

おばあちゃんやお母さんの良い影響を受けながら真っ直ぐに育ちました。

取り巻く人達に流されるときもありましたが、

愛息子が生まれてからは、芯のある未来を描く仕事を真剣に取り組まれています。

大好きな息子を幸せに導くため、自分の役割を真剣に考え行動されています。

今日はそんな彼女のことを、僕なりに皆さんにご紹介してみようと思います。

■子供時代
香川県丸亀市に生まれ、古くから女性が家を支える家庭で育ちました。

小学生のときに両親が離婚し、母方に引き取られることになりました。

たった一人の妹は父方に引き取られたのですが、

数年後に再開したとき妹は『積み木崩し』の由香里のようになっていたそうです。

ゆかりん。

もし逆の立場になっていたら、いまの雅美さんは無かったのかもしれませんね。

■社会人へ

音楽が大好きで進学先もそちらを考えたこともあったそうですが、

中学生の頃から雑誌オリーブの影響で、

「エールフランスでパリに行きたい!」という夢を叶えるため、服飾の学校に進みます。

就職先はもちろん服飾関係の会社へ。

東京にアンテナショップ立ち上げを機に、大阪から上京。

お得意様をガンガン作って成功しますが、

そのお得意様に誘われてスタイリストの仕事に転職。

更に役者やプロミュージシャンのマネージャーへ転職し、そのときに結婚をします。

ただあまりに忙しすぎて姑からの願いもあり退職して専業主婦になるのですが、

そんな生活は直ぐに飽きてしまって生命保険会社に就職。

バリバリ顧客をとって、社内の売り上げランキングでは上位に君臨しました。

が、そのときに旦那さんの浮気が発覚。

姑と現場に踏み込み(昼ドラか!)、敢え無く離婚。

これまでの雅美さんは、取り巻く人達に翻弄され、

成功をしつつもフラフラと芯のない生活でした。

誘われるまま転職をし専業主婦になり、挙句は浮気で離婚。

なんだかパッとしませんねぇ(笑)

が、このあとの人生は大きく変化します。

自分の経験と使命を仕事に向けて行きます。

■再婚、そして初の出産

青年会議所で知り合った今の旦那さんと再婚。

彼のお仕事を手伝いながらウェディングドレスのプランナーを始め、

こちらもシッカリ成功させます。

そして、程なく妊娠し愛息子出産します。

このとき、高齢出産だったこともあり、様々な体調の変化があったそうです。

女性ならではの悩みが、とてもストレスになったそうです。

その体験を通して、妊娠・出産のサポートを生業にすることを決め、

現在は妊活サロンを経営されています。

高齢出産という大きなハードルを乗り越えた経験と、

それを通じて出来るサポートは反響を呼んでいるそうです。

自分に出来ること、自分だから出来ること。

出産を機に生き方そのものが大きく変わりました。

愛息子くんは人付き合いが上手らしく、地域の人達ともとっても仲良し。

その人達との繋がりも増えたことで、

PTA副会長や民生委員の活動にも目を向けられるようになりました。

この春からは女性の身体を正常に保つため、

生理現象を正しく促すアイテムの展開を実行するそうです。

この業務のキッカケは、

愛息子くん(8歳)の彼女(8歳)が健康に妊娠・出産できるようにサポートしたかったから。

将来の、嫁姑問題も無さそうですね(笑)

ここでも、愛息子を軸に自分のできることを考え実行しています。

現状に悩むより、解決する手段を素早く実行に移す姿を尊敬します。

カッコイイですね!

■フロリダ族で学ぶこと

フロリダ族では色んな方と交流ができ、かなり内面に突っ込んだ話をします。

仕事や立場を越えて、人間性を掘り出す感じ?

そういう意味では、剥き出しの人間付き合いをしてるのかな。

笑いが沢山あるなかで、けっこうナイーブな話もしますし、

普段言わないようなこともどんどん伝わってきます。

だから、仲間のサポーターになりたくなるのかな。

今回雅美さんのことを知って、僕に出来ることはなんだろう?

まだそれはわからないけど、

以前より雅美さんのことが好きになったし応援したくなったのは確かです。

高橋雅美さんのFacebookはコチラ→https://www.facebook.com/masami.mi?fref=ts

高橋雅美さんのブログ→http://ameblo.jp/terasscl/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA