最近チョット困ったこと【タクシー】

こんにちは。

会社の冷蔵庫に納豆があるというだけでお昼ごはんが楽しくなる井浦です。

たかが納豆、されど納豆。

■ココ最近よく言われること

まぁ、これを言うお客様ってのはだいたいクレーマーなのですが、

運賃改定から「安くなってないじゃん」というコメントを聞く機会が増えました。

以前の運賃と比べて安くなるとの認識なのか、

なにを根拠に「安い」と考えていたのかは不明です。

で、だいたいこのコメントを残されるお客様には、

だいたいこの枕詞がつきます。

「いつもより」

はい。

■謎の基準

だから僕は以前の運賃と比較してなのかなぁと邪推するんですけど、

そもそも「いつも」が何時のことで、

どのようなルートと時間帯で走っていたのか知らない僕からすると、

「ゴチャゴチャ言ってねぇで、メーター通りの運賃払いやがれ!」と思うわけです。

あ、言葉が過ぎました。

お客様と確認させていただいたルートを間違わず目的地に到着しているということは、

ルートになにも間違いがあったわけじゃないってこと。

ということは、

メーターに表示された金額が運賃なんです。

それがタクシーの運賃システムなんです。

それをご存知でご乗車いただいたものと認識しておりますが、

いつ頃まで「固定料金システム」のタクシーがあったんでしょうか?

私が物心ついたときから、

タクシーは走った分だけ運賃をお支払していたと思います。

もちろん、

コースによっては定額運賃はありますが、

それは事前にご予約いただくか、

空港から指定エリアまでとなっております。

■タクシーは距離と時間で加算されます

タクシーは距離で加算されながら、

時速10キロ以下での走行時は時間で加算されます。

ですから、

スタートとゴール地点が全く同じで信号などの条件が変わらない限り、

まったく同じ運賃となることはない場合もあるのです。

ルートを確認したのに間違ったり、

確認をせずドライバーの決めた道が遠回りだとしたら、

それは運賃を割引します。

間違いは間違いですから、

それはキチンと対応しますよ。

しないドライバーもいるかもしれませんが・・・

以上で~す。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA