便利な世の中になったなぁ~と思うとき【Shazam】

こんにちは。

会社の玄関をサンダーで削ってます井浦です。

あ、僕が削ってるわけじゃないです。

音と臭いが凄いなぁって思っただけなんです。

■音楽がより身近になりました?

ココ最近のネットの普及というか、

スマホの利用頻度の向上でか、

沢山のアプリが出てますね。

僕はゲームをしないので、

利用するアプリは限られますが、

これはとても便利な上に嬉しいアプリというのが2つあります。

■Radio Tunes

一つは『Radio Tunes』

これは、ネットを介して音楽を聴くアプリなんですが、

ジャンル分けされていて、

ジャズやロックをひたすら聴くことができます。

決まったアーティストを聴くことはできませんが、

「BGMにジャズを・・・」

とか、

「なにか新しいアーティストを発掘したい」

というときにとても良いアプリです。

有線放送みたいな感じですかね。

リクエストはできませんけど。

有料にすると、なにやら音質が改善したりするようですが、

僕は無料で十分使えるアプリだなぁと思います。

あと、カントリーを聴いてると、

「あれ、また同じ人だ」

と思ってリストを見ると別人でした。

カントリーはみんなだいたい同じに聴こえるという発見がありました(笑)

■Shazam

続いては、『Shazam』

これは、フロリダ族酋長のかっちゃんに教えてもらったアプリなんですが、

ラジオなどから流れてくる曲を聞かせると、

その曲を瞬時に教えてくれるというアプリです。

街を歩いてて気になったやつとか、

喫茶店で流れてきた音楽とか、

「あ、いい歌だな」と思ったときにとっても良いです。

Shazamで判別できるとそのままItunesで購入できますし、

SNSで共有できるので「誰かこのCD持ってる?」とかできます。

残念ながら鼻歌などは判別できないので、

「コレコレ、この曲なんだっけ?」

ってなっても一生わかりません。

■以前は気になる曲があっても誰かわからない

なんてことがありましたよね。

ラジオなら、パーソナリティが紹介してくれるので聞き逃さなければいいんですが、

街なかなどではそれも無理。

「ちょっと気になって」くらいじゃ調べるまでしませんし、

思い出せたところで調べる方法もありませんでした。

そんな時代から比べると、

音楽に触れる機会が増えたかもしれませんね。

ただ、どんどん新しい情報が入ってくるので、

昔のようにレコードが擦り切れるほど聴き込むとか、

歌詞カードが破れるほど歌詞を読み込んだっていうことは少なくなったようにも思います。

それが良いとか悪いとかじゃないんですが、

時代とともに音楽の親しみ方も変わってきたのかなぁなんて、

僕のような若造でも思うようになりました。

とはいえ、

このアプリは本当に便利なのでちょっと使ってみては如何でしょうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA