知ってる人はどれだけいるのかな?【車の仕組み】

こんにちは。

最期のぜんざいを食べきりました井浦です。

逃げ恥ロスではないですが、

ぜんざいロスです。

■指示には従ってください

お正月休みが終わって仕事始めの方が多数お乗りいただきました。

日中はご挨拶廻りがメインなんですかね。

夜になってから、

やはりお酒を飲まれたお客様が増えてきました。

まぁ、いつも夜のお客様は酔客がメインなんですけども。

で、そんなお客様をお乗せするとよくあるのが、

こちらの指示に従っていただけないこと。

言い方が上目線ですけど、

安全のためには是非指示に従っていただきたいと思います。

酔ってて、あんまり聴こえてないんでしょうけども(笑)

コチラからお願いしたいのはこの一点。

ドアを勝手に開けないでほしいってことです。

■後方確認されずに開ける方がとても多い

みなさんご存知のように、

日本のタクシーは自動ドアです。

ドライバーが操作して開閉してるんですけど、

そのときに安全確認をしています。

僕は後方だけじゃなくて前方も見てます。

チャリやバイクはスレスレを平気ですり抜けてくるし、

チャリは道路の逆走は余裕でやるので前方も注意です。

あまりないことですが、

酔ったお客様で思考停止してるようなお客様だと、

右側のドアも自分で開けようとすることがあります。

複数ご乗車されてるときに多いですね。

右側は車道側になるので、メチャクチャ危険です。

過去に右側のドアを開けて死亡事故になった事例もあります。

そのため、タクシーではドアにある細工をしています。

チャイルドセーフティって言います。

これを操作すると、

ドアの内側から開けようとしてもドアは開きませんが、

外側のドアノブを引けば開きます。

この細工は効果的です。

特に外国人旅行客は自動ドアが浸透していないので、

到着するとガンガンドアを開けようとするし、

言葉が通じないことがあるので助かります。

あと、名前の通り、

お子さんがいらっしゃる方はやっておくのがいいかも。

どの車にも装備されてると思うので。

以上です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA