おふざけするのも覚悟が必要【痛タク】

こんにちは。

季節外れの陽気ですね井浦です。

小春日和って感じで、ついウトウトしちゃいます。

■痛タクデビューから約4ヶ月経ちました

夏のコミケでデビューしました。

毎出番で発信しているせいか、

「まだ4ヶ月なの?」と思ってしまいます。

ようでんの忍さんに、乗っていただいたこともありました。

それだけ内容が濃かったというか、

みなさんから色んな反応を頂いたからかなぁとも思います。

リハーサル風景。

テレビの取材を受けたことも大きな反響をいただきました。

自分の発信からも、僕の仕事のイメージが定着したように感じます。

そのどれもが良い方の反響なのが嬉しいです。

走り出した当初はネガティブな意見もありましたけど、

いまではそういった声を聞くことはなくなりました。

■あまりにフザケた外観

僕からすれば、ただ外観が普通のタクシーと違うだけ。

仕事はマジメにさせていただいてますし、

むしろ精一杯楽しんでもらいたいと思って取り組んでいます。

失敗も色々ありますが、

外観からクレームになるような事例は一つもありません。

特殊な業界のせいかどうかはわかりませんが、

あまりこういった動きに積極的でないから、

ネガティブな懸念が先立ってしまったのかもしれませんね。

それで思うのは、

やってみないと分からないことばかりだなぁ、ということです。

ほんの小さな出来事、

たった一つのクレームにビクビクして、

行動することに躊躇するのがどれだけ勿体無いことか。

その懸念の多くは、ただの思い過ごしでしかないことに気が付けない。

まずはやってみる。

違ったらやり直す。

本当に、それだけなんですね。

■まずはやってみる

というわけで、

本日から週末のクリスマス・イヴまで僕はサンタの恰好で乗務します。

正直、こっ恥ずかしい。

「僕はこういうキャラじゃない」って思ってましたが、

やってみると意外と楽しい。

抵抗が無いと言えばウソですが、一歩踏み出してみると懸念は思い過ごしですね。

午前中乗務していて、みなさん楽しんでいただけてるようです。

特にお婆ちゃんなんか、「見てて楽しいねぇ」なんて話し掛けてくれます。

ビジネスマンは、僕を見て一度上げた手を引っ込めようとしてましたけど(笑)

でも、それでクレームにはなってません。

■こんなおふざけだけど、覚悟はしてます

これからの乗務の中で、なにか失敗をしたとき。

そこでこの恰好にツッコミが入る可能性はあります。

「そんなふざけた格好してるから、道を間違えるんだ」

「その前にやることがあるだろう」

などなど、色んなことを言われることもあるかも。

だから、ふざけてはいますが僕なりに真剣にやってます。

ふざけるなりに覚悟はしているんです。

なんだか変な感じですけど(笑)

さ、休憩したらまた走り出さなきゃ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA