まだまだ発信力が足らない【痛タク】

こんにちは。

夕暮れを見るとTHE BLUE HEARTSの『夕暮れ』を口ずさむ井浦です。

♪はっきりさせなくてもいい あやふやなまんまでいい

ネットで拾いました。

サムネは、

飯倉片町の交差点で見掛けた都内のタクシーです。

CMなので痛タクともちょっと違うかもしれないですが、

世間的にはこれも痛タクなのかな・・・。

うちの痛タクが都内唯一とも言えなくなってきた?(笑)

■六本木ではよくある組み合わせ

六本木でお乗せしたお客様。

業界人っぽいオジサンと、小綺麗な女性。

乗るのかなぁと思いながらゆっくり横に着けたら、乗ってこられました。

そのときのリアクションが、「なんだこれ!」って驚いていて、

だけど悪い印象はありませんでした。

おかしなタクシーが来た!って感じで、ニコニコしながらご乗車されました。

男性が泊まっているホテルに行った後、

別の場所に女性を送ることになりました。

しばらくは二人で、

今夜の食事会の話と今後の流れを確認していました。

すると男性の方から、

「ドライバーさん。このタクシー変わってるけど、なにかのアニメ?」

と。

このタクシー誕生の経緯と、

都内では『痛タク』としては我が社だけであること、

他にロンドンタクシーもあることをご案内しました。

ここまでの流れはよくあることで、

都内に一台しかないといった話で盛り上がりはするものの、

それ以上に発展することってあまりありません。

写真を撮っていただくこともありますが、

Twitterで検索しても出てこないので記念撮影で終わります(笑)

あの写真、どうなってんだろ・・・。

で、今回はいつもと違う流れに。

■僕のツイートを見てくれた

ご乗車いただいている間に、

その場で女性がツイートを見てくれたんです。

#痛タク で検索してくれたんですが、

「井浦さんの投稿しかないですねw」

って、笑いながら男性にも写真を見せてくれました。

降りるときに写真を撮るとまで言ってくれて、

嬉しかったです。

僕は、ワクワクしたまま、

まずは男性をホテルで降ろして、

次の女性の目的地までご案内しました。

目的地に到着したら、写真も撮らずに街に消えていきました・・・(笑)

■まだまだ発信が足らない

今回のケースで改めて思ったのは、発信力が足らないなぁということ。

発信数じゃなく、発信力ね。

女性がTwitterを見たとき、

「井浦さんしか出てこない」

というコメントにあったとおり、

他になにかしら発信してる人って少ないんですよね。

他のハッシュタグで検索したら出て来るかもしれないけど、

少なくとも「痛タク」と呼称しているのにそれで検索に引っかからないってことは、

発信してないのと同じだな、と思います。

現状で言えば、

僕しか出てこないってのは独壇場で僕的にオイシイんですけど、

それはあまり意味がないと思うんです。

もっと痛タクなり、なにかしらタクシーのことで盛り上がらないと。

乗務員募集の広告とか業界のニュースとかばかりで、

ドライバーの生(なま)の発信とか、

会社の誰かの発信とか皆無なんですよね。

痛タクだって、ただのツールなんですから。

変わろうとしてるって自分で言うのは簡単だし、

言ったことで納得してるのかもしれないけど、

世間の関心はぜんぜんコチラに向いてませんよ!

そんなんで「白タク反対!」とか「Uberはダメ!」とか言ってても、

「気持ち悪い根暗なオッサンどもが、自己保身に騒いでる」としか思われませんよ!

ブログ書いてるドライバーもいますけど、

内容は営業報告だったり愚痴ばっかですからね・・・。

誰か読んでるのかな(自分は棚上げw)。

もっとドカンッとこないかなぁ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA