路上駐車をガンガン取り締まってほしいと思う今日此の頃【自分を棚に上げて】

こんにちは。

妹からのお土産が底をつき絶望感半端ない井浦です。

これからなにを楽しみに生きていけばいいんだ…!

なんて思ってませんけど。

■東京の路上駐車事情

日本だと誤解がありそうなので、海外の写真を流用しました。 あくまで、こんなイメージということで。

日本だと誤解がありそうなので、海外の写真を流用しました。
あくまで、こんなイメージということで。

おそらく何処の都市でも同じことでしょうけど、

路上駐車というのはとっても邪魔ですね。

必要な車線を塞ぐわけですから、渋滞の原因にもなるわけで。

とくに渋滞と信号の多い都市部においては、やたら目について仕方ないですよね。

人が集まる場所だから、

仕方のないこととも言えるのかもしれませんけど。

更に言うと、

タクシーの付け待ちによる路上駐車ほどウザいもんもないわけです。

自分の立場を棚に上げて言っちゃいますけども。

アイツらハザードも付けずに、

交差点付近に停めるわけですよ。

■人の迷惑顧みず

こっちゃね、

左折待ちかと思って並ぶじゃないですか。

当然ですけど、信号変わっても動かないわけです。

でも後方だと前方の状況がよくわかんないから、

「横断者が続いて左折できないのかな」

なんて思いながらジッと待つわけです。

しかし1ミリも動かない。

2回ほど青信号を逃して気付くわけです。

あぁ、こりゃ左折待ちじゃないな、と。

で右に車線変更して、直進車線なのに左折するわけです。

もうね、

行きしなに付け待ちしてるタクシードライバー一人々々の頭を小突きたくなりますわな。

同業者として、

ちょっとそういうのってどうかと思うわけです。

せめてハザードを炊け、と。

駐車してるってことくらいはアピールせぇよ、と。

実は別の場所で、

一般車両が僕と同じ状況に陥っているのを見たことがあったんです。

同業者は「アホだねぇ。あれじゃ左折できないよw」ってなノリでしたが、

他県ナンバーの一般車がそんな道路事情を知ってると思う方がアホだろ!

こんなこと言うのもアレですけど、

そこにタクシーがいるってことは、

そこから乗るお客様がいるってことでもありますが・・・。

いまだにバスタ前の甲州街道でタクシーに乗ろうとする方がいますしね。

■その経験を踏まえて

ちょっとズルいことを憶えました。

といっても、

この言い訳は誰にも伝わらないんですけど。

お客様をご案内中、先の交差点で左折したいとき。

見ると左折レーンが混雑していて、

いつ左折できるかわからんという場面に遭遇したとします。

こういうとき、

「左折レーンにいる車両が先の交差点で左折するかわからなかった」

と心の中で言い訳をしながら、

右車線を進んで交差点の15メートルくらい手前で左折レーンに侵入します。

ね。(ね、じゃねぇだろ)

誰にも伝わらないけど、精神衛生上は良い言い訳になるでしょ?

だって、実際左折すると思って入ったら左折できなかったんですもの。

だから、路上駐車と思うじゃないですか。

ね。(ね、じゃねぇだろ)

善意無過失です(既に善意じゃないけど)。

■こんな言い訳するやつが出るから

路上駐車は止めましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA