音楽を心から楽しむことができる人たち【代々木BACKライブ Friends Vol.1】

こんにちは。

会社で寝落して激しく落ち込んだうえに鍵を持ち帰り忘れて会社に戻った井浦です。

徹底的に時間の無駄をしました。

イエス。

■それは遊び疲れたから

ただそれだけです。

いい大人が調子こいて夜遊びして、

帰りの電車が無くなったから漫画喫茶に泊まったら疲れが取れず、

仕事はこなせたけど始発まで起きてられずに寝落ちした、

ただそれだけのことでございやす。

■そんなわけで

昨日の楽しい様子をダダッと並べてみます!

ライブの始まりは、代々木Backから!

ライブの始まりは、代々木Backから!

コール&レスポンスを求める二人。 そして戸惑うお客さん(笑) いや、ちゃんと応えてましたよね!

コール&レスポンスを求める二人。
そして戸惑うお客さん(笑)
いや、ちゃんと応えてましたよね!

本当、楽しそうなんだよなぁ。

本当、楽しそうなんだよなぁ。

今日は娘さんも観に来ていた、マドカ・マドモワーゼル。 レベッカの『フレンズ』を熱唱。

今日は娘さんも観に来ていた、マドカ・マドモワーゼル。
レベッカの『フレンズ』を熱唱。

ゲストバンド『BLLOWIN SMOKE』。 バンド名の由来聞いたんだけど、忘れました。 スンマセン。 ガレージバンドに影響を受けたと言ってましたけど、まさにキレッキレでしたねぇ。 ちなみに、ベースは長髪の『ハマ・オカモト』ではありませんよ。

ゲストバンド『BLLOWIN SMOKE』。
バンド名の由来聞いたんだけど、忘れました。
スンマセン。
ガレージバンドに影響を受けたと言ってましたけど、まさにキレッキレでしたねぇ。
ちなみに、ベースは長髪の『ハマ・オカモト』ではありませんよ。

今回も登場しました、ゲストバンド『The Feel'in』。 両バンドとも、21歳だそうです。 バンド組んで1年程度だそうです。 クオリティ高いなぁ、もう。

今回も登場しました、ゲストバンド『The Feel’in』。
両バンドとも、21歳だそうです。
んで、バンド組んで1年程度だそうです。
クオリティ高いなぁ、もう。

再び登場、我らが『代々木Back』!

再び登場、我らが『代々木Back』!

本当、仲良いんだよなぁ。 ちなみに、この写真が一番好きです。

本当、仲良いんだよなぁ。

ちなみに、この写真が一番好きです。

ちなみに、この写真が一番好きです。

楽しそうでしょ。

楽しいんです!

■『代々木Back』という存在

正直、演奏力が高いわけじゃないです。

いっぱい失敗してたし、聴くには「ちょっと!」ってレベルだけど、

来てる人みんなが楽しんでたんですよね。

僕もそうです。

本当に楽しかった。

なんでかって言ったら、

それは『代々木Back』を好きだからなんですが、

なんで好きかって言ったら、

いつも楽しませてくれるし、

優しいし、

普段からみんながエンターテイナーなんですよね。

だから、ステージにいてもある意味いつも通り。

そこに居ても、ここに居ても楽しませてくれる。

それを期待するし、期待通りだし、

いま僕達を楽しませようとしてくれている媒体が音楽であるというだけなのかも。

バンドとして『代々木Back』を好きというより、

すべてがエンターテイメントなんだと思います。

というか、『代々木Back』はバンドじゃないのかもしれないですね。

だから、関わるみんなが楽しい人で溢れてる。

だから、関わるみんなが楽しい人で溢れてる。

みんなイキイキしてる。

みんなイキイキしてる。

あー楽しかった!

あー楽しかった!

また行こう。

代々木Backのライブに。

というか、勝手に加入するって宣言したので、

次は僕もステージにいたりして(笑)

だといいなぁ。

だったらいいなぁ。

お疲れ様でした!

お疲れ様でした!

■おまけ

意図せず、ボーカル三人が一つのフレームに入ってました(笑) しっかし、いい男だな。 そして二人はモジャモジャだな。

意図せず、ボーカル三人が一つのフレームに入ってました(笑)
しっかし、いい男だな。
そして二人はモジャモジャだな。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA