僕には幼少期からアダ名があった【井浦家】

こんばんは。

ウトウトしながら眠りにつけませんでした井浦です。

ずっと微睡み(まどろみ)っぱなしです!

■突然ですが

だいたいいつも突然ですけどもね。

僕は幼少期からアダ名があります。

幼少期というのがポイントなんですが、

それはアダ名の名付け主が実の親父だからです。

ええ。

実父です。

友達とか近所のお兄さんとかじゃなく、

実父です。

僕の家は、

父親が子供にアダ名をつけるんです。

■アダ名を付ける理由

僕は4人兄弟の2番目なんですが、

兄弟全員にアダ名がついています。

色々問題のあるアダ名なもあるので、

兄弟のアダ名のご紹介は控えたいと思います。

と言うように、

アダ名自体はあまり良い内容ではありません。

そう。

親父としては戒めとしてアダ名をつけるのです。

このアダ名の意味を知り、

挽回するよう頑張りなさいという願いを込めて。

ハッキリ言って迷惑千万ですけども。

子供がそんなこと理解し一念発起して、

「よ~し、立派な大人になるぞぉー!」なんて言うわけもなく。

■で、僕のアダ名なんですが

「ドジ」です。

ドジばっかりするから、「ドジ」です。

実はその前にもアダ名がありまして、

最初は「ドン亀」、

あまりにドジなので「ドジ亀」、

そして簡略化されて「ドジ」です。

出世魚か!

■そんなアダ名ですが

高校を卒業し、

国家公務員になるとともに無くなりました。

しかし、幼少期からアダ名で呼ばれていたわけですから、

いきなり親父から「惇(ジュン)」と呼ばれても正直困惑するわけです。

嬉しいというより、

違和感。

そして、

特に達成感もなく(笑)

果たしてアダ名からの卒業を果たすことはできましたが、

新たに生まれ変わることにはならないんですねぇ。

■ですから

子供にアダ名をつけるのは止めましょう。

気をつけなはれや!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA