知っていても特に得はしない情報をお届け!【ハザードスイッチ】

こんにちは。

今日は怒涛の営業でほとんど空車で走らなかったよ井浦です。

本日のサムネは、

使い道がみつからなかった衝撃写真です。

なんか神がかり的に被写体に迫る感じに撮影されています。

スゴイんですけど、誰が僕のスマホで撮影したのかいまだ不明です。

なんとなくケンイチローのような気がします。

ケンイチロー。

ケンイチロー。

ここ最近、

出番のときはブログを書かないことにしてましたけど、

今日はどうしても伝えたい自己満足情報があったのでブログにしたいと思います。

■どうしても言いたいどうでもいい情報とは・・・

それはですね・・・

タクシーって、

ウインカーを操作する棒の先に

ハザードスイッチがあるんだよーーーー!!

この赤いボッチがスイッチになっています。

この赤いボッチがスイッチになっていて、ポチッとなと押し込むと点灯します。

どうやら、この仕様はタクシーに限っているそうで、

一般車両には搭載されてないそうです。

理由は、

ハザードランプの”発動条件”に由来するようです。

ハザードランプは、

緊急時に停車したときに注意を促すために点灯するものですが、

もし運転手が動けない状況にあった場合、

タクシー仕様だと同乗者がハザードランプを点灯できません。

そのため、

一般車両には助手席側からでも押せるようにセンター寄りに設置されているそうです。

世間的には「サンキューハザード」というものが存在しますが、

本来の使用目的から言えば違法なんだそうな(違法ってマジか?)。

だから尚の事、

一般車両にはハザードランプはセンター寄りということになるようです。

驚きーーー!!

以上!!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA