当たるも八卦当たらぬも八卦とはよく言ったもので【タクシードライバーのぼやき】

こんにちは。

あまりの暑さに車内の冷房が効いてる気がしません井浦です。

風量を上げると温度が上がって温い。

かと言って風量を下げると後部座席に届きにくい。

冷房のジレンマです。

■あまりに暑くて

同僚のオジサンが死んでます(笑)

同僚のオジサンが死んでます(笑)

タクシードライバーのジレンマとしては、

頑張れば儲けが上がるということはなく、

走っても走っても短距離が連続すると売上が伸びないというものです。

短距離であろうとお乗りいただけなければどうしようもないのですが、

あまりに連続すると(そのうえ回数も伸びてないと)、

体力は削られているのに売上が伸びないので、ちょっと落ち込みます。

そんで、他のドライバーと比較なんかしちゃったりして、

自分のセンスを疑います。

「選択間違ってんのかなぁ~」なんて。

そんな感じになると、

焦ったり休憩を取らなくなったりして悪い方向にいってしまうことも。

それが原因で事故ったって話は聞きませんが(因果関係がハッキリしませんからね)、

良い傾向とは言えませんよね。

どうしてもバクチのような仕事ともいえるので、

「当たるも八卦当たらぬも八卦」と気持ちを上手く切り替えることができれば、と思います。

生活費が稼げなかったら、それどころじゃないですけど(笑)

僕は売上の浮き沈みはあるものと思ってますし、

けっきょくは帳尻合わせが生じるもんだと思ってるので、

悪い時もあれば良い時もあると思うようにしています。

あんまり、焦らないことが肝心ですね。

その点に関しては、うちの会社はウルサクないようなので助かります。

さて、午後もボチボチ頑張ります!

パカー!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA