特に教えてと言われたわけでもないのに勝手に勧めるのがオタクの面倒くさいところ【もやしもん】

こんばんは。

なんだか今日は目眩と伴う吐き気がして調子が悪いです井浦です。

ググったら色々怖いこと書いてあるのですが、

「自分は違う」と言い聞かせて誤魔化しています。

誤魔化す理由は色々ありますけど、それはまぁ割愛!

■お届け物

この一週間にお届け物が2つほどありました。

名古屋の薬屋さんなのか塩屋さんなのかわからないホッティーこと堀田泰宏さんから、 ミネラルを送ってもらいました。 相変わらず、お手紙に掛ける手間が半端ない。 普通、わざわざ僕の写真を使いますかね(笑)

名古屋の薬屋さんなのか塩屋さんなのかわからない
ホッティーこと堀田泰宏さんから、
ミネラルを送ってもらいました。
相変わらず、お手紙に掛ける手間が半端ない。
100個注文したんですが、重いから3個になりました(笑)

そして、 うどん県の中山こと、 タニーズの中川浩行さんから名刺。 「名刺ください」と伝えたところ、 「欲しくなくても送りつけるるもりだった」と。 東京にお越しの際は、 切手代だけ割引いたします(笑)

そして、 うどん県の中山こと、
タニーズの中川浩行さんから名刺。
「名刺ください」と伝えたところ、
「欲しくなくても送りつけるるもりだった」と。
東京にお越しの際は、切手代だけ割引いたします(笑)

お二人共お会いしたことはありませんが、

なんかこんなやり取りが楽しいですよね。

嬉しくなっちゃいます。

こんなとき、アダチ先輩の言葉が思い出されます・・・。

「会いたい人と行きたい場所が増えすぎて困る」

YAZAWAではないです。 ADACHIです。

YAZAWAではないです。
ADACHIです。

■神(ジン)さんに勧めたので改めて勧める

というわけで、神さんです。

名古屋の栄というところで、 モッズ・ヘアサロンの店長をされています。 先日のフロリダ族でご一緒させていただきました。

名古屋の栄というところで、
モッズ・ヘアサロンの店長をされています。
先日のフロリダ族でご一緒させていただきました。

僕は神(ジン)と聞くと、スラムダンクの神(ジン)を思い出します。

で、フロリダ族の懇親会の席で、のぞみさんと一緒になって神さんに勧めたものがあります。

それが、この『もやしもん』。

00dab322

『もやしもん』とは、石川雅之著の漫画であります。

東京の農大を舞台にした日常マンガなんですが、

主人公の沢木直保は菌やウィルスが上のイラストのように擬人化して見え、

会話までできるるという特異体質の持ち主。

で、このチカラによって世界を救うとかどエライ悪事を働くとかは一切なく、

読み手も主人公と同じ視点で菌と人間の関わりを体験するという漫画です。

だから、あくまで農大生の日常マンガなのです(笑)。

僕調べ

このマンガのオモシロイところは、

とにかく薀蓄が山盛りだってところです。

農大を舞台にしているため、発酵食品に関するお話がこれでもかと出てきます。

酒、納豆、味噌、醤油、シュールストレミングスなどなど・・・。

それぞれの歴史的経緯や製造工程、関わる菌や世界にある類似食品など。

文字数がとても多いんですが、

やっぱりマンガなのでイラストが入って見やすい。

特筆すべきは、

擬人化された菌がいるおかげで活動する様や目的が楽しく理解できるんですね。

これは味噌造りにおけるA・ソーエという菌。 A・オリゼーとよく似てますが、菌糸の数が違います(笑)

これは味噌造りにおけるA・ソーエという菌。
A・オリゼーとよく似てますが、菌糸の数が違います(笑)

だからか、そんな菌についての絵本まで出てます。

ちなみに、のぞみさんと一緒になって勧めた話が味醂。

「スーパーにある本みりんは、本当のホントの味醂とはまた違うんだよぉ」 なんてのぞみさんの一言に僕が食いついたら、 のぞみさんも『もやしもん』を知っていたという(笑)

「スーパーにある本みりんは、本当のホントの味醂とはまた違うんだよぉ」
なんてのぞみさんの一言に僕が食いついたら、
のぞみさんも『もやしもん』を知っていたという(笑)

日常生活には特に必要ではないけど、

「へぇ~、なるほど」という知識欲をくすぐる楽しいマンガです。

機会があったら、是非読んでほしいマンガです。

笑い飯も出ています。

最後まで笑い飯の西田説を否定してましたが、 最後の最後にモデルにしたことを作者が認めました。

最後まで笑い飯の西田説を否定してましたが、
最後の最後にモデルにしたことを作者が認めました。

パカー!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA