タクシードライバーが勘違いしちゃうこと

こんにちは。

お昼休みはウキウキウォッチングならぬウキウキ芋けんぴです井浦です。

今日はライフ(スーパー)で200㌘200円の芋けんぴです。

お得です。

隣に少し高級な芋けんぴがありましたけど、加齢にスルーしました。

あ、華麗に。

■やーいやーい

以前、みなさんが思っているタクシードライバーへのイメージを覆すブログを書きました。

思っていた以上に、

みなさんが持つタクシードライバーへのイメージというものが、

偏見によって構築されているということが判りました(-ノ□д□-)クイッ

しかし、コレじゃ、

「ピンポンダッシュして逃げちゃった感じじゃん!」

という罪悪感に夜も眠れなくなりそうなので、

コチラからも弱い部分をお見せしておこうかな、と。

題して、

『タクシードライバーが勘違いしちゃう地名シリーズ【TOKYO編】』

をお送りしようかと思います。

ハイそこ!

「俺、東京に住んでねぇし」

「私たち田舎者に対する当て付けか?」

とか僻(ひが)まない!

僕の心の師は、聖帝サウザーなんだから!

退かぬ!媚びぬ!省みぬ!! 超名言ですね。

退かぬ!媚びぬ!省みぬ!!
超名言ですね。

■タクシードライバーが勘違いしちゃう地名

①同じ地名

入谷(台東区、足立区) 大山町(板橋区、渋谷区) 北町(練馬区、新宿区)

猿楽町(千代田区、渋谷区) ・・・などなど。

②似たような地名

赤羽と赤羽橋、鶯谷町と鶯谷駅、小滝橋と尾竹橋、尾山台と小山台・・・などなど。

実際、以前お乗せしたお客様で「入谷に行ってください」と言われ、

「豊洲から乗って、加賀で降りて」と首都高も指定されました。

僕は台東区の入谷しか知らなかったんですが、

『加賀で降りるって、随分東側だな。遠回りじゃない?』と思いました。

それを察知したお客様が「足立区の入谷ね」と付け加えてくれました。

あ、そんな地名が足立区にあるんだ!とわかり、

直ぐ地図で確認。

舎人(とねり)の近くに入谷があることがわかりました。

こんな感じで、

都内だけでも同じ地名や似たような地名があり、

通称や略してドライバーへ伝えるととんでもない所に行く可能性があります。

自分が住んでる場所なら、

さっきのお客様のように「足立区だよ」と付け加えられますが・・・。

そういう意味では、

東京旅行されるときはキチンと地名をお伝え下さい!

目的地への地図や住所がわかるものがあるなら、

恥ずかしがらずに提示してください。

こんなことを書いてたら、

先輩のオジサンがもうひとつこんなケースを教えてくれました。

関西から出張でこられたお客様。

上野から乗ってきて「大門(だいもん)行ってくれ」と。

ドライバーはルートを確認しましたが、

関西からのお客様なのでルートが分かるはずもなく・・・。

とりあえずの生返事。

着いてみたら港区の大門に到着。

お客様は「え、ソープランドは?」と聞いてきたそうで、

そのときドライバーはピン!ときたわけです。

「もしかして、吉原大門ですか?あれ、ダイモンじゃなくてオオモンですよ」

という、ちょっと恥ずかしいエピソードがあったそうです。

出張のついでに楽しもうとしたら、

とんだ赤っ恥かいたうえに運賃も余計に支払ったというお話でした(笑)

そんなわけで、同じ地名や似たような地名がゴロゴロしています。

その地名を全部網羅したドライバーなら良いですが、

僕みたいな新人には上手に伝わってない可能性があります。

できるだけ「◯◯区の◯◯」と伝えていただければ助かります。

アデュー!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA