家庭の雑学を実践してみたら思ったより成果があったのにはビックリした

こんにちは。

ようやく歯の治療に目処がつきました井浦です。

定期検診は半年後だそうです(長いね・・・)。

あ、サムネの写真は東陽町駅の交差点で見かけた、

僕が知ってる人にそっくりなエビスさんです。

うん。

■これが我が家のデフォです

さて。

いま住んでいる部屋に、入居する時から密かに気になっていたこと。

それは、

風呂場の鏡。 ってか、これは鏡なのか? その存在すら否定する姿じゃない?

風呂場の鏡
ってか、これは鏡なのか?
その存在すら否定する姿じゃない?

ふつう入居者が入れ替わるときって、部屋の色んな所を掃除しますわな。

ウチは例外なの?

リフォームはバッチリですけれどもね。

不動産のことはようわからんけど、

「その限りではない」ってやつなんでしょうね。

不動産のことはようわからんけど。

で、この鏡を綺麗にしようと、

バスマジックリン的なやつとスポンジで格闘したことがありました。

上の写真から察する通り、

なんの解決も見られなかったわけですけれども。

餅は餅屋だ。専用のアイテムを使ってみよう。

と、ドン・キホーテで鏡を磨くスポンジみたら、けっこう高いし。

そこまでする気ないし。

別に気にしてないし。

これはもう、「使わないことが家賃にも含まれている」

と理解することにしました。

うん、そうすれば誰も傷つかないし、

僕は風呂場でヒゲを剃ったりしないし。

■それは偶然見かけた動画

と言っても、ここでその動画は紹介しませんけどね。

動画界隈では有名人らしいですけど、

僕の知り合いでもないし。

他にも同じ検証してる人、沢山いたし。

デカビタC。

なにを紹介していたかというと、

ガラス面の油膜を取る方法。

つまり、鏡のこの汚れを取る方法なんです。

見てるとお金掛からないし、

なにより自宅に「今」あるもので出来ちゃうというのが魅力的でした。

今日はそのやり方と検証内容をお伝えします。

前置き長いな(´・ω・`)

取りい出したりますは、 どの台所にもある『アルミホイル』。 こいつを適当な大きさに切ります。 3辺に折りたたんで使うくらいの大きさが目安かな。

取りい出したりますは、 どの台所にもある『アルミホイル』。
こいつを適当な大きさに切ります。
3辺に折りたたんで使うくらいの大きさが目安かな。

で、切ったアルミホイルの中に『ティッシュペーパー』か『キッチンタオル』を、 使いやすい大きさに畳んで、アルミホイルで包みます。

で、切ったアルミホイルの中に『ティッシュペーパー』か『キッチンタオル』を、
使いやすい大きさに畳んで、アルミホイルで包みます。

あとは、コイツを水に浸けて磨くだけ。

洗剤も研磨剤も要らない。

ただ無心に磨く!

今回は比較しやすいように、

左側だけ磨きます。

ゴシゴシゴシゴシ・・・

(;´Д`)ハァハァ

ゴシゴシゴシゴシ・・・

(;´Д`)=3ハァハァハァハァハァ

■結果発表

そうすると・・・

ホラ・・・

ほら・・・

ホラーーーーー!!

ホラーーーーー!!

わかります?

左右で全然違う!

スッキリクッキリ!

すげぇ!

聞いた話では、鏡の硬さよりアルミホイルの方が柔らかいため、

キズになりにくい(ならない?)んだとか。

だから、鏡の表面にこびり付いた石鹸垢や水垢だけがコソギ取れるようです。

よぉし。

風呂入るぞぉ!

結局、曇るんですけどね。 ほぼ見えないんですけどね。

結局、曇るんですけどね。
ほぼ見えないんですけどね。
風呂に入るときには、左右の違いがなくなりました(笑)

これだけ綺麗になりましたが、

大事な鏡とか新車の窓とかは控えたほうが良いかもですね。

キズが付いても、僕はなんの保証もしませんよ!(`・ω・´)ゞ

アデュー!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA