下北沢で代々木のフィーリンをお腹いっぱい

こんにちは。

久しぶりにいっぱいお酒を飲みました井浦です。

おかげで今日は体が重い・・・(´・ω・`)

とはいえ、昨日はとても楽しい休日を過ごすことができました。

今日はそれのレポートブログです。

■若者の街『下北沢』

なんて別に思ってないです(´ε` )

昔、友達が三軒茶屋と太子堂に住んでたので下北沢にはよく入り浸ってました。

自分が若い時にうろついてたんで、そんなイメージがあるだけです。

ずっと駅の工事してる感じですけど、

いまも変わらずですね。

下北沢駅の踏切。 もうなんか、駅っていうより工事現場って感じ。 いや、まぁそうなんですけど。

下北沢駅の踏切。
もうなんか、駅っていうより工事現場って感じ。
いや、まぁそうなんですけど。

そんな下北沢に赴いた理由、それは・・・

『代々木BACK』のライブを観るため!

バンドがしたいVol.1』を観るため!

出演者はコチラ↓

完全無欠のコピーバンド、『代々木BACK

完全無欠のコピーバンド、代々木BACK!

平均年齢40歳というオジサンバンドですが、
見てもわかるように青春感がハンパない爽快バンドです。

ゲストボーカルのマドカマドモワーゼル

こんなサングラスしてますけど、とっても綺麗な方です。 ステージ映えする方ですが、バンド経験とかないんですって(;・∀・)

こんなサングラスしてますけど、とっても綺麗な方です。
ステージ映えする方ですが、バンド経験とかないんですって(;・∀・)

今回はツーマンでのライブ。

ということで、対バンは埼玉は越谷で活動中の『The Feel’in』。

みんな今年で21歳という、フレッシュ感満載の The Feel’in!

みんな今年で21歳という、フレッシュ感満載の The Feel’in

活動を、というか楽器を始めてまだ1年というビックリなバンドメンバー(笑)

音楽が、楽しむことが大好きな感じが良く伝わる、イキイキした良いバンドです。

とくにドラムのOnちゃんに、若干シンパシーを感じました。

飲み会番長的なスベリっぷりが(笑)

手前右側のメガネがおんちゃん。 ずっとニコニコしてて、憎めない子でした(・∀・)

手前右側のメガネがOnちゃん。
ずっとニコニコしてて、憎めない子でした(・∀・)

その昔、バンドメンバーと対バンから

「ステージでより飲み会の方がイキイキしている」

と言われた経験を持つ僕が、

彼にシンパシーを感じずにはいられませんでした。

ステージでだって本気だい!(`・ω・´)ゞ

■トークライブなのかミュージックライブなのか

ミュージックライブって、

アーティストがステージにゴソゴソ出てきて準備して、

ワン・ツーで曲が始まって合間にMCやって、

セットリストが終わったら「バイナラー」って流れです。

バンドがしたい』ではまず前説?から入ります。

代々木BACKのボーカル、トニーウォークマン(左)とジャッキーゴールドマン(右)による、 軽快なトークから始まります(笑)

代々木BACKのボーカル、トニーウォークマン(左)とジャッキーゴールドマン(右)による、
軽快なトークから始まります(笑)

出演者紹介などがあるので、

まったく知らない人がいきなりココに参加しても戸惑うことなし!(笑)

あのライブハウス特有の緊張感が解きほぐれ、

このトークのお陰で待ち時間がなくなるため途中でダレることもありませんでした。

まずは代々木BACKのステージ。 全曲コピーとのことでしたが、前半の曲を僕は全く知らなかったので、 「オリジナルです」と言われれば分からないくらい自分の歌にしてる勢いを感じました。

まずは代々木BACKのステージ。
全曲コピーとのことでしたが、前半の曲を僕は全く知らなかったので、
「オリジナルです」と言われれば分からないくらい自分の歌にしてる勢いを感じました。
あ、フォローになってません?(笑)

マドカマドモワーゼルが加わってのステージ。 ステージ上で臆すること無く歌うマドカマドモワーゼル。 これでバンド経験ないとか詐欺だぜ。

マドカマドモワーゼルが加わってのステージ。
ステージ上で臆すること無く歌うマドカマドモワーゼル
これでバンド経験ないとか詐欺だぜ。
ジャッキーゴールドマンが目立ってる写真のように思えますが、
それは言わない約束ということで。

今回のライブでの特徴とも言える、映像コーナー。 代々木BACKギターのジャッキーゴールドマンが、北海道の『青い池』弾丸ツアーの様子が上映されました。

今回のライブでの特徴とも言える、映像コーナー。
代々木BACKギターのジャッキーゴールドマンもといロマンチック隊長こくぶたかしが行く、
『北海道青い池弾丸ツアー』の様子が上映されました。

途中で帽子の「ロ」を無くしたり(これは途中で見つかる)

途中で帽子の「ロ」を無くしたり・・・(これは途中で見つかる)

「ッ」の点が一個なくなったので、柿ピーで代用したり(笑)

「ッ」の点が一個なくなったので、柿のタネで代用したり(笑)

完全にバラエティ番組でした(笑)

目的地の『青い池』の様子は、ロマンチック隊長こくぶたかしのFacebookで!

そして、The Feel’inが登場。 若々しくも勢いのあるオリジナル楽曲を聴かせてくれました。 これからどうなっていくのか、楽しみなバンドでした。

そして、The Feel’inが登場。
若々しくも勢いのあるオリジナル楽曲を聴かせてくれました。

疾走感とメロディアスな曲構成で、

これからの成長を期待させるバンドでした。

MC頑張ろうな!(偉そう(笑))

後半は改めて代々木BACK。 後半はブルーハーツのコピーだったので、僕も一緒に歌えました。 楽しかった!

後半は改めて代々木BACK
後半はブルーハーツのコピーだったので、僕も一緒に歌えました。
楽しかった!

最後は出演者みんなで『THE HIGH-LOWS日曜日よりの使者』を熱唱。

ステージ下で一緒に歌ってばかりいたんで、

写真撮り忘れてました(笑)

でもこれがコピーバンドの良いところですよね。

同じバンドや曲を好きな人が集まって、

ステージも客席も一体となって楽しむ。

「カラオケみたい」と思う人もいるかもしれませんが、

その曲を好きな人が演奏する中で歌い楽しむってのは、

カラオケとは全然違います。

やっぱり、その演奏の中にも魂を感じるからじゃないかなぁ。

完コピじゃなくても、

コードでジャカジャカでも、

同じ空間を楽しむことができるって素敵ですよ(・∀・)

■後半へ続く

思ったより興奮して長くなってしまいました(笑)

打ち上げの様子は後半に持ち越したいと思います。

アデュー!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA