自信がないことを言い訳にしない

こんにちは。

曇天模様で日差しが襲ってこないから快適です井浦です。

晴れも曇りも雨も、

見方を変えればみんな良い天気。

とはいえ、

辛い思いはしたくないです(´・ω・`)イタイヨ

■人に言える自信

自分が人に胸張って言える自信ってなんだろう。

人に言うというか、自信って、

それが一人称で終わらないものだと思うんです。

「本を読むのが好き」とか「映画を観るのが好き」とかでなくて、

「本や映画を良く観るので、むちゃくちゃ詳しいです!」

って言えることだろうなぁと。

だから、つい「自身のあることはなんですか」と聞かれると、

人に発信できるもの、人と共有できるものになると思うんです。

そうするとですよ、

「発信していること=自信があること」っていう方程式に自然となっていきませんかね?

SNSなどで色んな発言をしたり写真を載せたりする行為は、

すべて自信の現れなんでしょうか?

■じゃあ、僕のブログは自信に満ちているのか

というと、そうじゃないです。

烏滸(おこ)がましくもブログなんて書いてますが、

この発信は自信があって書いてるのかというと、全然そうではない。

むしろ僕は自分に自信がない方なので、

「自身のあることは?」と聞かれれば「無いです」と言うか、

「◯◯なんだけど、これならできますよ」って控えめに言ってしまう癖があります。

だけどブログを書いてます。

昨日は、

ようやく手にした喜びを噛み締めている』なんてブログを書いたし、

今朝はこんな写真を載せました。

今朝のFacebookに投稿した写真。

今朝のFacebookに投稿した写真。

顔出すのは正直苦手です。

今は慣れたりそれによる反応が貰えるから、

とっても楽しいですけど。

だってさ、芸能人みたいにイケメンじゃないし、

芸人さんのようにオモシロイことができるわけじゃない。

友達や家族がどんな反応するか、

戦々恐々としてました。

■やり始めるには勇気がいる

特に顔を出して、「自分の発信だぞ!」という行為は勇気がいります。

匿名で好き勝手言うのとはわけが違う。

やる前は僕もそうだったような気がします。

「勘違いすんな~」って思われるのが苦痛だったから。

でも、実際「勘違いすんなブサイク」と言われたことはないです。

変な活動家に「君は野心があるね」とか言われて勧誘されたこともないです。

「井浦さんですよね?ファンです」って女の子に声を掛けられるようなこともないですが。

自分が想像するほど人は見てないし、

想像するほど発信を憶えてもいないんです。

これは実感です。

たぶん自分が思っているより、

出した勇気は拍子抜けするくらい軽いもんだったりします。

■仮面舞踏会じゃあるまいし

人を傷つけたり攻撃したりする発信さえしなければ、

間違うことはないと思うんですよね。

だから、仮面(匿名)を着けてではなく、

素顔で発信してみたらもっとコミュニケーションが豊かになると思います。

こういうのも、お客様から色んな反応があって、 僕のタクシー人生が豊かになってますよ!

こういうのもお客様から色んな反応があって、
僕のタクシー人生が豊かになってますよ!

アデュー!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA