我が社のタクシーをご紹介!

こんばんは。

昨日投稿できなかった分を翌日まとめて2回書くよ井浦です。

しかし、この手法はいつもより余計に読まれなくなるから止めた方がいい。

うん。

■さ、気を取り直して

昨日の朝にFacebookに投稿したところ、

意外なほど反応がありました我が社のタクシー。

その名も『痛タク(いったく)』!

無理矢理僕のスマホで撮影したので、良し悪しは置いといてください。

無理矢理僕のスマホで撮影したので、良し悪しは置いといてください。

ちなみに、これが普通の我が社のタクシー。

ちなみに、これが普通の我が社のタクシー。

見事に痛車にラッピングされています。

普通の状態と比較して、かなり様子が違うことが容易にわかりますね。

バンパー金色て・・・!

左側面~。

左側面~。
メインキャラは、プロ生ちゃん。

右側面~。

右側面~。

正面~。

ボンネット~。
右の娘は、クーラーちゃんでいいのかな・・・?

トランク~。

トランク~。

そしてルーフ。

そしてルーフ。

こんな感じで、

全面フルラッピングの痛車に仕上がっております(笑)

・・・正直僕は、

なんのキャラなのかは未だもってよく理解していません(´・ω・`)

■痛タク誕生秘話

といっても、専務から聞きかじった内容なので、

秘話るほどでもないです(・∀・)

この痛タク、

実は既に北海道に存在していたそうです!

(な、なんだってーーーー!byキバヤシ)

メインキャラであるプロ生ちゃんを同じよにラッピングして、

実際に走っていたとかそうでないとか・・・。

しかしその会社が倒産したため、痛タクもその存在を消すことに。

しかし、そんなことで諦めなかったプロ生ちゃん。

東京になんだかふざけたタクシー会社があることに気付いたそうです。

それが我が社のホームページ(とある記事に飛びます)。

こんなユルイ記事が書ける会社なら、痛車の1台や2台!

と思ったかどうかはさておいて、専務にオファーがあったそうです。

うちの専務って、

これまでの記事とかやってることを見てるとご理解いただけると思いますが、

どのタクシー会社より発信力があります!

というか、なんかやることにあまり躊躇がないです!!

僕と同じ臭いがする・・・(失礼か)。

とにかく『こういうのを作りたかったウチの専務』は、

ウチの専務

ウチの専務

兼ねてよりニコニコ超会議への出展をオファーしていたことや、

チェッカーグループとも『痛車とか作りたいよね』なんて話をしていたらしく、

トントン拍子に話が進み、いつの間にか…『痛タク』が完成したのでした!

■なんでこんなアホなことをしているのかというと・・・

色んな方に、タクシーにもっと目を向けてほしいからです。

ご利用になるお客様をはじめ、

僕のようにタクシー業界に興味がある人や、

更には同じ業界の人達にも。

もしかしたら、互助交通の乗務員に対しても。

普段、目の前を普通に走っているタクシー。

手を挙げれば、いつでも止まって迎い入れるタクシー。

でもその実態というか、

そこで働く人の顔や想いって全然伝わってないと思いませんか?

それには、まずこちらから発信していかないと誰も目を向けません。

そして、新しいことにチャレンジできることを発信しようとしています。

一見すると、痛タクなんて下らないことかもしれませんが、

この一歩は大きな勇気だったと思います。

普段、発信している人には、この勇気に共感してもらえますよね?(笑)

まぁ、

そんな会社だから僕のこんなブログやFacebookが認められてんですよね(笑)

あ~楽し(・∀・)

これからもウチの専務は、

違った発信を続けていくと思います。

そうでないと、この会社にいる意味ないです(言い過ぎ)。

是非、応援してくださいね。

アデュー!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA