僕のタクシーの『価値』

こんばんは。

毎回のことだけど寝落ちして目覚めたとき少し落ち込む井浦です。

ついついネットを見て、仮眠時間を適当にしがちです。

■タクシーの価値ってなんじゃらホイ

そんなことが頭から離れません。

【お客様を安全・快適に目的地にお連れすること】がタクシーの『価値』なんだろか。

『価値』って、それとはちょっと違うかなぁというか、

それだけにはしたくないなぁと思います。

いや、違うかな。

『安全』や『快適』って色んな事を集約しているからこれに尽きるとも言えますけど、

広義過ぎて具体的じゃないから『価値』になってないのかな。

というか、目標ですよね。

うん。

これに『価値』を当てはめちゃいけないのかも。

でも【お客様を安全・快適に目的地にお連れすること】は絶対守らなきゃいけないことだし、

まったく『価値』にならないってことでもないですよね。

あれ?

こういうことかな。

『タクシー』として目指す『価値』は

【お客様を安全・快適に目的地にお連れすること】ですが、

そのうえで僕だけのタクシーの『価値』を見出そうということなんだな。

もっと具体的でポイントを絞って伝えないといけないってことだな。

それでようやく、

僕の『タクシー道』になるということか。

うんうん。

なんとなく、整理できた気がする。

『価値』って言いすぎて、

少々ゲシュタルト崩壊してきてます(笑)

■今の僕のタクシー

TwitterやFacebookを通じて、

少しづつ「井浦のタクシーに乗りたい」と言っていただける人が増えてます。

先日はそんなひょんなキッカケから、

川嶋さんにご乗車いただくことができました。

とても嬉しかったですし、感激しました。

自分のタクシーに具体的な『価値』を見いだせていないのに、

「タクシーを利用するなら井浦がいる」と選んでいただけた。

人と人としての繋がりが生じた素敵な出会いではありましたが、

川嶋さんの厚意に甘えただけでした(´・ω・`)

まだ「どうせ乗るなら」の範囲を脱してないと思います。

もっと色んな人にタクシーへの興味を持っていただいて、

そして僕のタクシーに乗っていただくためにも、

独自の『価値』を早く見出さなきゃ。

■僕だけのタクシーの価値とはなんじゃらホイ

『僕の好きなこと』と『タクシー』をどう繋げて、

どんな『価値』を生み出せるだろうか。

音楽や映画やマンガが大好きな僕は、

これとタクシーを組み合わせた独自のなにかを作りたいとは思っていますが、

どうやったらそれができるかまだ思案中です。

というか、

それがタクシーと結びつくかすら想像できてません(´・ω・`)

僕の所属する会社には『ロンドンタクシー』があります。

『想い出タクシー』として、沢山の人の想い出に役立てていただいてます。 これからも、まだまだ沢山の人にご利用いただいて楽しんでいただきたいです。

『想い出タクシー』として、沢山の人の想い出に役立てていただいてます。
これからも、まだまだ沢山の人にご利用いただいて楽しんでいただきたいです。

これに乗れたら僕のタクシーの『価値』は上がるのかな?

きっとそうではないですよね。

僕がどのクルマに乗っても『価値』を作り出せなきゃいけないんですよね。

クルマのスペックに頼ってたら、

独自じゃないもの。

■とりあえず

無い頭で色々考えても、しょうがない。

あ、熟考することとは別ですよ。

新しい発想のためには、ということで。

そんなわけで、

もっと本を読んだり映画を観る時間を増やしたいなぁ。

色んな音楽のライブも行きたいなぁ。

よし、行動しよう!

アデュー!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA