正解が見えないことにモヤモヤするのもどうかと思うけど書いてみた

こんばんは。

無意識に疲れが溜まったりするようです井浦です。

気持ちはまだイケル!と思っても、

体がついてこないときは素直に休みましょう。

体力ないんだなぁ、僕(´・ω・`)

■ラジオのニュースフラッシュ

昨日営業中に、ラジオからこんなニュースが流れてきました。

「タクシー初乗り400円台を”申請”」

見出しはこんなことでしたが、

一応中身としては運賃の価格幅が広がった、ってことになるようです。

※申請ではありますが、元々国交省が大手4社に働きかけていたことらしいので、

来年からこの運賃が適用されることは間違いなくなりました。

単純に安くなるのではなく、

メニュー表に「短距離410円が追加されました!」ってことですね。

ちょっと分かり辛いので、

解説してみますね。

■タクシー料金はどう変わるのか?

「単純に安くなるのではない」ってどういう事かと言うと、

現在の初乗り(2キロメートル)は730円(税込み)です。

たとえ100メートルでも、お乗り頂けば730円が発生します。

その後、280メートル毎に90円が加算されていくのです。

今回の申請では、

初乗り(1.059キロメートル)を410円に、

237メートル毎に80円が加算されるというもの。

2キロメートル走れば730円になるので、

運賃が安くなったのとはちょっと違うということがお分かりいただけるでしょうか。

お客様が選べる「運賃メニューが増えました!」ってことで、

公共交通機関として選べる幅を広げました、ってことを言いたいようです。

■短距離で利用するなら安くなった

僕の計算が正しいかは置いておいて、

こんな計算をしてみました。

➔10円でどれだけの距離を乗れるのか?

現運賃 初乗りなら27.39メートル 追加運賃は31.11メートル
新運賃 初乗りなら25.82メートル 追加運賃は29.62メートル

単純な計算ですが、

同じ10円で乗れる距離が短くなるので、運賃としては高くなるということですね。

ということは、

長距離で利用される方(この場合、初乗りを超える距離を乗る方すべて)は、

いままでより高い運賃を払うことになりますね。

あ、

タクシー利用者を煽ってるわけではないですからね。

■運賃改定の目的とは?

なんでこんな運賃改定を申請したのでしょうか。

大義名分としては、

タクシーを安く利用したいとの声があったので、それに応えたということです。

タクシードライバーの僕ですが、

プライベートでタクシーを使うほどお金は持ってませんから、

言ってることはわかりますね。

さらに、この改定により、

海外旅行者の利用を促すということも盛り込まれてます。

実際、海外旅行者から「日本のタクシーは高い」と言われたことがありますが、

そのお客様、降り際に運賃にチップも払おうとしたので、

「そら高いわ!」と思いました(ちゃんとお釣りは渡しましたよ)。

営業走行距離(お客様を乗せて走る距離)が、

総走行距離の50%あるかどうかのタクシーにおいては、

稼働率が上がるっていう意味では良さそうな話しです。

■改定による問題点はないのか?

気になることといえば、

タクシードライバーの負担増による悪影響です。

ただでさえ長時間労働で、歩合給のタクシー業界。

多くを稼ぐためには、体に鞭打ってお客様をお乗せするしかありません。

お乗せするまでのプロセスが一切評価されない業界です。

(語弊はあるけど、それは置いといて)

運賃が安くなるということは、

タクシードライバーの収入が減るということ。

今回の改定はトータルで見れば高くなりますが、

目的である短距離利用者が増えれば、一日の売上が減る可能性もあるのです。

ましてや言葉の通じない外国人旅行者が乗る機会が増えれば、

一回の乗車に掛かる時間が増える可能性だってありますから、

乗車回数が減ったりそれによるトラブルが増えることも考えられます。

そういう意味では、

タクシードライバーへの負担は増すばかりで収入も減ってしまう可能性がある、

ということを言いたいのです。

能力給などなく運賃が収入のすべてですから、

これは果たしてタクシードライバーを減らす要因にならないでしょうか。

さらに、先のことを言えば、

タクシードライバーの担い手が減ることにならないか。

問題視されているタクシードライバーの質を、更に下げないか。

ドライバーとしてのプロ意識に、なにかしら影響を及ぼすことは間違いないと思います。

■だからって嫌な顔して仕事はしない

人間だから、感情が表に出るもの。

自己責任ですべてを賄える世界ではなく、

規制の中でしか生きられないタクシーとしては苦しい話しだと思います。

ムカついてるドライバーは沢山いるでしょう。

でも、そこで諦めたらオシマイですよね。

時代は移り変わる。

良いことも悪いこともあるでしょうから、

この動きがまた違ったタクシーを生み出すキッカケであれば、

それはそれで良いことなのかもしれません。

将来がどうなるのかわかりませんが、

それは生きてる人みんなが言えることでしょうからね。

長くなりましたが、以上です!

アデュー!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA