「良い仕事」って漠然と考えてます?

おはようございいます。

本当は昨日書くつもりだったけど仮眠で寝坊して夜に起きちゃった井浦です。

タイマーにしてる携帯を充電してなくて、電池が切れてた(´・ω・`)

明日は出番なのに(´・ω・`)

明日は出番なのに(´・ω・`)

不特定多数のお客様と接するタクシーですが、

そうすると思いもよらない結果になることもしばしばです。

タクシーには必ず「エコーカード」なるものが設置されています。

「お客様の声を聞かせてください」っていうようなハガキです(写真撮っとけば良かった(汗))。

これを使ってご意見をいただくと、

会社ではなくタクシーセンターに直接お客様の声が届くことになります。

ある意味タクシードライバーや会社にとっては、

クレームで一番利用してほしくないツールかもしれません…(´・ω・`)

あ、

お褒めの内容ならドシドシ使ってくださいね(笑)

で、日曜日の深夜にお乗せしたお客様が、

こちらのエコーカードを持って下車されたので、

ことの経緯を事前に会社へ報告しました。

センターから問い合わせがあったときに直ぐ対応してもらったり、

後日聞き取りになっても曖昧に思い出しそうだし、

なにより先輩方の助言が効きました(笑)

ちなみに、

タクシーにはドライブレコーダーが載ってますから嘘ついたり言い訳しても無駄なんで、

いつ聞き取りになっても問題はないです(´・ω・`)

事前報告について会社からは、

「内容に大きな問題はない」と判断されました。

改善ポイントとして、

「ナビでルート検索した際に、口頭だけでなく画面を見せた方が良い」

というアドバイスをいただきました。

今後はそのように致します!

さて、

お客様からのご意見がまだ届いてないので、

どういった内容になるかはわかりません。

恐らくは、

・遠回りして走った

・動いてないのに運賃を請求された

・ドライバーの態度が悪い

ということになりそうです。

「ということになりそうです」ってか、

わかってるならそんな仕事するなよって話ですよね。

その通り!

そんな仕事しちゃいけません。

自分の仕事のウィークポイントがはっきりしてるなら改善する必要がありますし、

この程度のレベルのことを自覚してるならタクシードライバーに合ってないと言うより、

そもそも自分の仕事を理解できていないってことになりますよね(汗)

今回のことを受けて、

改めて思うことがあります。

「良い仕事」ってなんでしょう?

定義が曖昧過ぎて答えようがないことなんですけど、

僕は自分が「良い」と思うことに過信したらイカンなって思いました。

(そういう意味では、良い仕事って存在しない…?(笑))

「こうすれば間違いない」

「この程度であれば大丈夫」

ポジティブに見るならそのとき自分でできるサービスの上限ですが、

そこで一旦満足してしまってますよね。

さらに、

これはあくまで自分が我慢できるレベルに基準があるので、

お客様から意見があったときに、

ついつい「その程度で怒るなよ」って思っちゃう原因になると気付きました。

良い仕事をしようとして、

反対にお客様に「良い」を押し付けてしまってる。

そのうえで、

言い訳にしてしまう

「人の意見を聞き過ぎると限度がないから、そんなこと考えても無駄」

という結論。

未熟者なくせに、

この言葉に納得して改めることを止めてしまう。

自分を追い詰めて鬱になるくらいならそれもありかもしれないけど、

考え抜く前にこの言葉に依存するのは危険ですよね。

良い仕事って、

自分で決められない。

良いか悪いかは、

お客様に思っていただかないといけない。

だからこのエコーカードの件も、

「下らないことで意見しやがって!」

って言わないで、

「人はそう感じるんだな」

と素直に意見に向き合える精神を持てるようになりたいと思いました。

それが誰かの「良い仕事」に繋がると信じます。

アデュー!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA