ゴロゴロしてモモ

こんばんは。

眼の痛みはなくなり視力が戻れば大丈夫じゃないかい井浦です。

あぁ、健康って素晴らしい。

とはいえ、再発性ってことなんで、

次またいつ角膜が剥がれるか分からんというのがどうにもね・・・。

寝起きが一番警戒するタイミングということもあり、

以前から保湿目的で防腐剤の入ってない目薬を使ってたんですけどね。

それでも、こうなる。

もう、どうせぇと。

予防もできんのかい、って感じですねぇ。

手術もあるらしいんですけど、

ピークの痛みが2日くらい続くということなんで、

「無理だろ」と思ってます。

しかも確実ってわけでもないらしい。

もう、どうせぇと。

最短の治療もないんかい、って感じですねぇ。

仕事は本日も休みとし、

今日の調子で病院行って診断書をもらおうと思いましたが、

視力の回復が完全でないのでまた明日の調子をみて考えます。

復帰はいつの日か。

で、Amazonで注文した本が届いたので読んでいます。

『モモ』

児童書ってことで、みなさんも小学生の頃に推薦本とかで目にしたり、

実際読んだことがある人が多いと思います。

僕は、一回も読んだことなくて、

どんな話かも全く知らない。

有名なのに。

なんかのキッカケでその存在を思い出し、

『時間泥棒』っていうキーワードが気になっていました。

こりゃ読まな、って。

まだ全然進んでませんが、

グイグイ引き込まれていきますね。

出てくるキャラクターがファンタジックなんだけど、

背景にリアルな描写があったり、

それぞれのキャラが語る言葉が「なるほど」と思う言葉だったり。

大人でも充分楽しめる本だな、と思います。

モモが段々可愛く見えてくるし(笑)

さっき知ったんですけど、

この作者って『ネバーエンディングストーリー』の原作者でもあるんですね。

厳密には、ネバーエンディングストーリーの原作だったけど、

映画会社と合わず結末が違うとか、

2以降はまったく関与してないとか、

監督は黒澤明を指名していたとか、

キャスティングも日本人が登場させたかったとか、

掘り返すと面白いエピソードも出てきます。

ということで、

続きを読みます。

アデュー!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA