元旦の出番を終えてみて

こんにちは。

正月早々働いてましたよ井浦です。

あんまり生活に季節感がなくなっているのは、

一人暮らしのデフォってことにしておいてください。

さて、正月は元旦から元気に走り回っておりました。

朝は寒いので、表情が引きつる

朝は寒いので、表情が引きつる

スタンドで粗品のタオルを貰ったり

スタンドで粗品のタオルを貰ったり

そんな一日を振り返って、思ったことがあります。

それは、みんな表情が明るくて優しいってことです。

なんでいつもと違う印象なんやろう?

もちろん、今までお乗せしたお客様が乗ってきたわけではないので、

印象が違って当たり前なんですけど、

共通する空気感みたいなもんがありますよね。

それが、どうもいつもと違う。

なんででしょう。

それは(あくまで僕の結論ですよ)、

みんなが家族や恋人や友人たちと、

会いたい人と過ごしているからなんだろうな、ということです。

赤ちゃんを抱いたお父さんとか、

買い物袋をぶら下げたカップルとか、

男女混合でワイワイ挨拶回りしてる若者とか、

今日は好きな人と好きな人に会いに活動してるんですよ。

当たり前のように思えるけど、

これってとても重要で貴重な時間ですよね。

普段仕事してたりすると、

嫌なことや嫌な人と時間を共有することもあるでしょうから、

すべての人が幸せそうな顔をしてるとは限らないんですよ。

一番とは言わないけど、

正月ってハッピーな時間がより多い一日なのかもしれないな、

と今更ながら思ってしまいました。

小学生の頃とか、

ただただ僕の年収に当たるお年玉が手に入る喜びしか頭にありませんでしたが、

大人になるとそんなことにも気持ちが回るようになったのかもしれません。

人によっては、

大人になってお年玉をあげる立場になるから不幸だと言う人もいますが、

単純に喜びを与える立場になったのは素晴らしいことですよ!

僕はお年玉をあげたことがないですけどね!

うんうん。

そんな感じで、

お正月はハッピーに過ごしましょう。

僕は今日はお出掛けしてきます。

メンバーはいつも通りですけど!

アデュー!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA