泥酔客が現れた! コマンド?

こんにちは。

お出かけしようと思ったらブログ書いてないの思い出した井浦です。

逸る気持ちを抑えなくては・・・!

今日は車に乗りません

今日は車に乗りません

今日は先日お乗せした、泥酔されたお客様について。

タイトルに悪意はないので、表現についてはご了承を。

夜の22時を過ぎたあたり、明治通りでお客様を送ってから甲州街道に入るべく流していたところ、

新宿二丁目の交差点で手を挙げる三人組を発見。

横に付けるところで気が付きましたが、

三人組というより、泥酔された方を両方で肩を貸してる姿でした。

もう頭のなかで「乗られるのは、真ん中の方だけだな」と思いました。

だって、両方の方はエプロンしてましたから(笑)

泥酔されているお客様、首から荷物をぶら下げられ、

もうどうにも自分の意志では立てない状況。

「断ったほうが良いかな?」と思いましたが、

なんだか人として問われているようで・・・。

目的地はご本人は言えないので、

お連れした店員さんらしき方が

「千歳烏山駅です!お金は持ってますからポケットから取っても大丈夫です!」

いや、それ出来ませんから!

接客業されてるなら、それくらいは察してくださいよ。

なんか、あからさまに押し付けた感が否めませんでした(´・ω・`)

粗相はなさそうでしたので、「これも経験だ」と出発!

お客様はだいぶ酩酊しているような、支離滅裂な会話を繰り返しています。

普段の生活で鬱憤が溜まってんですね・・・。

途中で目的地を変えようとしたり、結局変わらなかったり。

ご自身で判断できる状況じゃないんだろうなぁと思い、店員さんが言っていた千歳烏山駅を目指しました。

道中は大きなトラブルはないものの、

「ウンコしたい」を連呼するお客様にヒヤヒヤしてみたり(笑)

目的地に到着し、無事精算もできました。

少しは酔いが覚めたのかなと思っていたら、ドアから出た途端に歩道に転んでしまいました。

車から飛び出て怪我がないか確認しましたが、このときも体に触れないように注意。

意識がはっきりしてないときに体に触れて、お金や持ち物がないとなったら大変ですから。

しばらく声を掛け、住所らしき場所をゴニョゴニョ仰ってましたが聞き取れず、

仕方がないので警察に通報しました。

五分と待たずにお巡りさんが。

ちょっと驚いたのが、僕に名前の確認とかお巡りさんが名乗ったりしませんでした。

ただ、ゆっくり近づいてきて遠巻きに様子を伺いつつお客様に声を掛ける感じ。

お巡りさんもお酒のトラブルには注意を払ってんでしょうね。

その後は僕の身元を免許証で証明し、車のナンバーや車体番号をメモしていき、

お客様を派出所で保護するということで落着しました。

今回は、乱暴されたり無茶振りされたりはなかったので、トラブルとならず良かったです。

犯罪にもなり兼ねないので、お酒を置いているお店も含めて、

この時期は気をつけましょうね!

飲み会は、家に帰るまでが飲み会です!

是非子供にそこらへんを突っ込まれない、紳士で真摯な態度でお願いいたします。

アデュー!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA