俺とお前と大五郎

12310623_1684980591722389_4534627429659727206_n

意識を失いそうです

こんばんは。

もう睡魔が数匹ワッショイワッショイやって来て眠気の限界でございます井浦です。

これ書いたら、もう寝ます・・・。

今日は、どうして僕がこんなに眠いのか、について書いてみようと思います。

つまり、勤務時間についてですね。

タクシードライバーの勤務形態は、一般的な勤務時間と異なるものがあります。

日勤と夜勤と言われる、一日8時間を昼間か夜間かに分けた働き方もあるようですが、

僕の働き方はこれとは違います。

まず会社に出勤しますが、この時間がだいたい6時半。

それから制服に着替えてアルコールチェック、タクシーに荷物を車に積み込んだり、車体のボディチェックなどを行います。

そして7時に出庫前の点呼。

事故情報・業務の周知や、唱和をします。

それが終わったら、乗務員証を受け取りメーターの確認をして7時半には出庫します。

12227724_1680343255519456_8767358334215316898_n

これが乗務員証ですね

出庫すると、ビジネスマンの出勤時間にあたるので、錦糸町駅から東京駅方面を流します。

ほかには、病院に行く方や水商売の人なども多いです。

電車の運行状況などによりますが、この時間に効率よくお客様をお乗せすることで、午前中の営収が決まってきます。

お昼は普通の時間に取ります。

理由は、僕らもお客様が過ごす生活時間に合わせている為です。

お昼は、みんなご飯を食べるので、タクシーに乗りませんよね。

それからは、会社から出先に外出するビジネスマンをお乗せしたり、デパートでの買い物帰りの奥様などをお乗せします。

夕方には会社が終わるので、飲み会会場までの移動にご利用いただいたり、大人数などが多いかも。

そして、その飲み会が終わった深夜が、タクシーでは一番の稼ぎどきになります。

22時以降は深夜割増料金にできるので、より売上を伸ばしたい時間ですねぇ。

終電が無くなり、帰宅できなくなった方が増えるので長距離も出やすいです。

ですので、だいたいこの時間で1時を回っています。

帰庫時間は2時~4時までになるので、会社に帰りながらお客様をお乗せします。

僕は現状では、帰庫時間は3時くらい。

帰庫したら帰庫点呼というものを受けます。

再度のアルコールチェック、日報の作成、納金などを済ませ、洗車をして勤務が終了します。

これでだいたい午前4時。

最初は仮眠をしたりもしてましたが、最近は朝飯のオニギリを食べて風呂に入り、始発で帰ったりします。

それからは明け番となり、また翌日に上記の時間で勤務となります。

これを2回繰り返し、公休が1日が一つのサイクルとなります。

一週間は7日ですが、僕らは5日サイクルなので、休日は月の中でバラバラになります。

こんな特殊な勤務形態のため、規則正しい生活とは言えません。

ただ、サイクルが出来上がると体が順応するらしいので、もうしばらくしたら辛くないのかも。

というわけで、タクシードライバーの働く時間でした。

アデュー!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA